BLOG

TOP > BLOG > 注目ブランド「COATE(コート)」に出会う ポップアップショップが登場

RIE MIYATA

注目ブランド「COATE(コート)」に出会う ポップアップショップが登場

1

こんにちは。ファッションジャーナリストの宮田理江です。

「GALLARDAGALNTE(ガリャルダガランテ)」のルミネ新宿店はドメスティックブランドの「COATE(コート)」にフォーカスしたポップアップショップを9月3日まで開催しています。今回はこの「“COATE”POP UP SHOP」についてご案内します。

2
3

まずは簡単にブランドの成り立ちをご紹介しましょう。福屋千春(ふくや・ちはる)デザイナーが2015-16年秋冬シーズンから立ち上げたブランドです。福屋さんは文化服装学院アパレルデザイン科を卒業し、オートクチュールで知られた「細野」で服作りを学んだ後、大手アパレルメーカーのデザイナーを経て独立したという経歴の持ち主。豊かな経験に裏打ちされた確かな素材選びやデザイン力が高い評価を受けています。

それに加え、ウエアは全てメイド・イン・ジャパン。複雑なパターンや確かな仕上げも国内生産ならでは。熟練した縫製士が丁寧に縫い上げているおかげで、クオリティーが保たれていて、長く着られる「愛着ウエア」に仕上がっています。

立体感の豊かなフォルムは「COATE」の特質と言えるでしょう。360度どこから見ても趣深い服の仕上がりは、パターンや縫製などの総合力に支えられています。主張しすぎてはいないのに、平凡には見えない「リアルクチュール」のさじ加減が絶妙です。

ガリャルダガランテは2016年春夏シーズンから「COATE」の取り扱いをスタート。シーズンを重ねるごとにファンを増やしてきました。今回のポップアップショップ向けには、別注モデルも用意されています。それでは実際のアイテムを見ていくことにしましょう。

4
5

ブランド名にも通じるコートは今回のキーアイテムの1つ。大襟が肩口にまで張り出していて、ユニークな印象を生んでいます。優美なドレープを寄せた身頃はドレスライクな着映え。やわらかいカラートーンも上品な着姿に導いてくれます。前を開けて着ても、シルエットがきれいで、秋から春まで長く着られそうです。

6
7

チェスターコートとパンツのセットアップ(上下そろい)も用意されています。セットアップはジャケットとボトムスの組み合わせが一般的ですが、着丈の長いチェスターとのコンビネーションはジャケットより縦落ち感があって、エレガントに映ります。襟や袖の形に工夫が施されていて、見た瞬間、「どこか違う」と感じさせてくれます。パンツの裾もボタンで開け閉めできる仕組みです。

8
9

英国テイストが世界的なブームとなりつつありますが、英国紳士が好むツイード生地も注目の的。でも、こちらはかしこまって見えないアウターに仕上げてあるから、さらりと羽織れます。たっぷりの襟がアイキャッチー。イエローのボウタイ・ブラウスがフレッシュ感を添えました。裾がフレアのパンツはサイドスリット入り。スリットからのぞく、ゴールドの靴が程よいアクセントになっています。

10
11

ブラウスのようでもあり、ジャケットのようでもある、独創的なシルエットのアイテムは自在の着こなしが楽しめます。ドラマティックなフォルムに強さとたおやかさが同居。ストリングスやベルトを長く遊ばせたディテールがリラクシングなたたずまい。ペプラム風に波打たせた裾にもフェミニンが薫ります。質感の異なるコーデュロイのボトムスとのマッチングでコントラストが生きています。オーバーオール風にもまとえるので、着こなしのバリエーションが楽しめます。片側の肩からだけストラップをはずすアレンジはこなれた印象を生んでいます。

12

ガリャルダガランテが別注した白のトップスは、初めて取り扱った16年春夏に即完売となった伝説的なアイテム。満を持してのリバイバルとなりました。前身頃はカットソーですが、背中側は布帛となる異素材ミックスの仕立てが着姿に変化をもたらします。袖先の仕上げにも繊細な仕事ぶりがうかがえます。着丈を微調整して前回販売時よりもさらに着やすく整えました。

13

こちらのブラウスもガリャルダガランテ別注の品。上質生地のタフタを用いて、袖のダイナミックな量感を引き出しています。ゆったりしたボリュームが着姿に落ち着きと朗らかさを添えました。ノーカラー(襟なし)、比翼仕立て(ボタンが見えない)のシックなデザインは「COATE」のどのボトムスにも合わせやすくなっています。シワになりにくいから、1枚で着てもいいし、上からコートを羽織っても使いやすいという、重宝度の高いアイテムです。

14

最後にご紹介するガリャルダガランテ別注アイテムはストライプ柄のブラウスです。2017-18年秋冬シーズンの「COATE」は「ロンドン」をテーマに選びました。ブリティッシュやトラッドのイメージを帯びたストライプ柄はきちんと感も出せるから、コーディネートの幅が広がります。一般的な縦縞は1着の中で、ストライプの流れる方向が統一されているケースが多いのですが、こちらはあえてそろえないで、胸ポケットの周りをはじめ、あちこちで生地を切り替えて、いくつもの方向にストライプを走らせ、動きを出しています。1枚でサラリと着ても単調に見えない「技あり」のブラウスです。

15

今回のポップアップショップではノベルティのお菓子(クッキー)を用意しました。「COATE」のアイテムをご購入のお客様に先着順でプレゼントします(数に限りあり。なくなり次第、終了)。

16

今の時代に、改めて装うことのときめきや高鳴りを感じていただける、そんな洋服作りを目指してスタートしたという「COATE」。実際に見たアイテムから伝わってくるのは、誠実なものづくりの態度です。でも、クオリティーだけにとどまらない、自由でウィットフルな試みが随所に見られ、静かな創意を通して、装うよろこびを感じられるのも「COATE」の大きな魅力。

そのよさを知るガリャルダガランテからの別注アイテムはさらに持ち味を印象づけてくれます。たくさんの商品があふれる中、「選んでよかった」と心から思える品を求める気分が強まっています。

「COATE」の提案するアイテムは、「こんな服が欲しかった」と、自分の気持ちに気づかせてもらえるという意味でも、ぜひこの機会に出会ってほしい品々。ポップアップショップ最終日の9月3日は午後6時までの開催となるので、お早めにお越しください。

17

NEW ENTRY

Shop Staff Blog

CLOSE